ホームページの構成要素

どのようなものでもつくるという行為の前提には、既存のものをよく見るということが必要になる。 ホームページのレイアウトはどのような要素によって構成されているのかを確認してみよう。

  • サイトロゴ・・・基本的にトップページから一貫して、サイト内のすべてのページにおいて 同じ位置に表示する。ページの左上に表示する場合が多い。トップページ だけやや大きく、それ以外では小さめに表示する場合もある。
  • メインビジュアル・・・視覚的に受けた印象は記憶に強く残りやすい。サイトのトップページでナビゲーション サイトの主要 コンテンツへの メインは、比較的大きめにビジュアルを使用して、ユーザーにサイトを視覚的に印象づけようとすることが多い。しかし、情報重視のポータルサイトなどでは、できるだけ多くの情報を効率よく表示することを重視して、特にビジュアル 要素を入れないという場合もある。
  • ニュース、サイトの新着情報・更新情報 ・・・ホームページはすべてを一覧することができないので、ユーザーにはどの部分が変更されたのかわかりにくい。新しく作成したページや更新したページ がどこであるかをまとめておくと、何度も訪れてくれるユーザーは、更新された部分だけをチェックすればよいので便利だ。
  • ナビゲーション・・・ナビゲーションにはサイト内の各ページへのリンクがまとめられている。こ れらは「サイトの主要コンテンツへのリンクJと「サイトの機能を提供するリン ク」に分けることができる。これらすべてをひとまとめにしてしまうとメリハリが なく、リンクの数も多く見えてしまう。役割ごとに分類して位置やデザインを 変えることで、サイトの構造がシンプルに感じられ、認識しやすくなる。
  • サイトの主要コンテンツへのリンク・・・サイトの主要コンテンツへのリンクは、トップページの中でもっとも重要な要素といえる。明確に認識できる表現にすることが重要だ。
  • 広告・・・サイトの機能を提供するリンク サイトマップや問い合わせ先、ヘルプなど、サイトを利用するうえで必要な機能を提供するリンクは、サイトの主要コンテンツへのリンクとは別の位置 およびデザインで、少し控えめに表現するとよい。
  • おすすめコンテンツ・・・サイト内で特に見てもらいたいコンテンツには、通常のナビゲーションに 加えて、さらに目立たせて表現することがある。コンテンツの重要度によっ ても扱いが異なるが、バナーの形式でサイト内のコンテンツに対してリンク を張るという方法もある。
  • サイト内検索・・・ サイト内のキーワード検索を使うと、目的の情報に直接アクセスできる。 数ページ程度の小規模サイトではあまり必要ないが、ページ数の多いサイ トの場合は、ぜひ用意したい。
  • フッター・・・ ページ下部に置く要素をまとめてフッターと呼ぶ。フッターには、コピーライト表記を表示することが多い。問い合わせ先をはじめとして、サイトの機能を提供するリンクをここに配置する場合もあります。

PICK UP1:ホームページ作成の東京WEBメーカー