加法混色と減法混色

2色以上の色を混ぜ合わせることを混色といい、混色することで 明るさが加算される「加法混色」と、明るさが減算される「減法混色」 がある。加法混色は色光の混色、減法混色は染料などの色料の混 色によって起こる。また、どちらの方法による混色でもつくれない色が ある。その色を原色といい、 3色あることから三原色と呼ばれる。「色 光の三原色」はRed( 赤、) Green( 緑、) Blue( 青)であり「色料の三 原色J はCyan( シアン)、 Magenta( マゼンタ)、 Yellow( イエロー)で ある。色光の三原色を等量混ぜ合わせると「白」になり、色料の三 原色を等量混ぜ合わせると黒になる。

加法混色と減法混色」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です