色について

われわれがふだんPCのディスプレイで見ている色は電磁波の一種である。具体的には電滋波の範囲を色として見ている。その範囲をスペクトルという。 色は物体に当たった光の一部が吸収され、吸収されなかった光は 物体の表面で反射し、その光が眼球から網膜に入ることで色を感じ 取っているのである。つまり、色とは光を媒介とした一種の感覚で あるということもできる。物体の表面色はある色で染められているからその色として見えるように思われるが、実際われわれの目にはその 物体を照明する光の性質によって異なった色として見えているので ある。

色について」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です