サイズの決め方

1カラムの幅は、まずファーストビューをユニットで区切るのかと方針を固めることからスタートすることが大切だろう。 Webぺージに素材を入れるためのボックスの数が最大でも4つ程度のカンタンな構成を採用するページの場合は、グリッドシステムの構成に必要なカラムの数は12 個とするのが一般的な見解だろう。 並列しているのが6個のボックスというような複雑な設計の場合、およそ16個のカラムを使ったグリッドシステムが採用されると考えてよいだろう。 多くのWebページがこの12個か16個というカラム数を目安にして画面を設計しており、いくつかの例外はあるものの、この数字は汎用性が高いと見なされます。 ページレイアウトが日本語によるものの場合、英語と違い 1文字の幅が広く、あまり細かくボックス構成が設計できうないことから、カラムの数は12個で採用されるケースが多い。また、他言語対応のように単語の長さや表示文字の多様性に対応する必要がある場合も、 12 個 のカラムで余裕のあるボックス構成を採用するとよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です