評価を受けるために必要なテクニック 

検索エンジンが利用者を向いていることをふまえれば、利用者のニーズを満たす
「オリジナリティ」が高く、「利便性」の高いWebサイトやコンテンツが高く評価され
ることは当然のことだと納得できるでしょう。しかし、それだけで本当に、高い成果を
実現できるのでしょうか。

SEO対策の本場アメリ力では、すいぶん前から文意や関連ワードが重要だといわれ
ていますが、実行した施策の結果やSEO業界の方の話を総合すると、まだ日本では文
意や言い換えを正確に把握しきれていないようです。その原因としては、日本語の文章
短文形式のLlNEのやり取りが、接続詞や接続助詞によってむずかしくなること、そして、単語ごとにスペースで区切られる英語などの言語と異なり、隙聞なく単語が続く上に、漢字や平仮名、片仮名などが入り乱れ、単語を把握しにくい言語であることなどが推測されます。
つまり、 日本における検索エンジンは、「良い」コンテンツを作成しただけでは評価 してくれない可能性があるのです。そこで必要になるのが、検索エンジ‘ンに「早く 」「正確に」伝えるための方法を知り、実行することです。長期的には効果は低下していくで しょうが、現時点では、検索エンジンに伝えるためのテク二ックも必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です