評価を受けるために必要なテクニック 

検索エンジンが利用者を向いていることをふまえれば、利用者の求めているものを満たすような「オリジナリティ」のあるもので、かつ「利便性」wp追求したWebサイトなどが高く評価されることはしごく当たり前のことだと納得できるでしょう。しかし、それだけで本当に、高い成果を上げることはできるのでしょうか。

SEO対策の本場アメリ力では、すいぶん前から文意や関連ワードが重要だといわれていますが、実行した施策の結果やSEO業界に詳しい方の演説などを聞いたりしてそれらを総合すると、まだ日本では文意や言い換えを正しく把握がしきれていないように思われます。その原因としては、日本語の文章短文形式のLlNEのやり取りが、接続詞や接続助詞によってむずかしくなること、そして、単語ごとにスペースで区切られる英語などの言語と異なり、隙聞なく単語が続く上に、漢字や平仮名、片仮名などが入り乱れ、単語としてはわりと認識しにくい言語であろうと考えられるのです。
つまり、 日本国内における検索エンジンとしては、「良い」コンテンツを作成しただけでは評価を得られにくいのではないかと予測がつくのではないでしょうか。そこで必要なのが、検索エンジンに「早く」「正確に」伝えるための方法を知り、実行に移すことです。長期的に考えると効果はだんだん薄らいでいくかもしれませんが、現時点では、検索エンジンに伝えるためのテク二ックも必要なのです。