キックオフミーティングを開く

提案段階やプロジェク卜の計画段階では、主に戦略や見積もりに関わるメンバーが稼働していたが、ここにきてようやく実質的に制作にかかわるメンバーを揃える。この時点でキックオフミーテイングを設定し、制作に関わるメンバーにくまなくプロジェク卜の「これまで」と「現状」を共有しリスクを検討することが大切ではないだろうか。

このキックオフミーティングで必要になってくるのが、キックオフミーティングのアジェンダ
(協議事項) だろう。

ミーティングに与えられた時間やプロジェク卜の内容に応じアジエンタ(協議事項)を作成し、 話し合う。プロジェクトの背景や概念的な話題から各論へ、前提条件から本論に移ると話が伝わりやすくなるのではないだろうか。特に「自己紹介」「プロジェク卜の経緯」「次のアクションについて」は重要度か‘高いと考えてよいだろう。

また、変更管理シートの作成を行うとよりよいと考えられる。

「手を動かす」段階になると、想定と実際との違い、考慮もれが表面化することがある。規模の小さなプ口ジェク卜や、突貫工事のようなプロジェクトではこうした気付きが知らんぷりされがちだが、納品後の検収やトラブル発生時など「いざ」という時に経緯を失念していたり、記憶に頼らなければならなくなるのだ。
制作作業を始める前に「変更管理シート」を用意し、品質管理をデータ化する準備をしておくとこうしたトラブルを未然に防ぐことができる可能性が増すだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です