スピードくじを行う

HP◼︎crocosスピードくじでキャンペーンを行う

ここでは無料で使えるcrocosスピードくじ使ってその場であたり、ハズレがわかるスピードくじの設定手順を紹介します。

無料版のcrocosスピードくじでは、ユーザーは一度くじを引いてから三日経つとサイドくじをっ引くことができるので、facebookページに再訪するきっかけを作ることができます、また、スピードくじを使うと、crocosスピードくじ一覧に表示されるので、露出効果も期待できます。

◼︎crocosスピードくじでできることと制限事項

crocosスピードくじは無料で利用できます。

例えば次のような機能があります。

  • スピードくじの登録、facebook上での公開
  • スピードくじ一覧に情報掲載
  • 「いいね!」をしている人の意応募できるようにする
  • 応募状況の確認
  • 効果分析
  • シェア経由で3人応募があると、すぐにもう一度くじが引ける

ただし、応募者全員のデータを主とっくすることはできないことに注意してください。社うさ医者は応募者の人数のみ確認できます。抽選すると、応募者の中から、当選者が選ばれ、データを確認できるようになります。

なお、一旦公開したキャンペーンは次の場合のみ削除できます。

  • 公開前の状態
  • 応募者がいない場合
  • テストで作成されている場合

◼︎スピードくじを追加する

  1. crocsマーケティングのwebサイトのアプリケーション一覧にアクセスする
  2. 「スピードくじ」の下の「スピードくじの作成」ボタンをクリッックする
  3. ログイン画面が表示されるので、facebookでログインボタンをクリックしてログインする→ポイント「初めての時はアプリ認証とユーザー登録が必要」 初めてcrocosマーケティングのアプリを利用する場合は、アプリの認証とユーザーとうろくが必要です。これらの手順については、別の場所で説明します。
  4. ダッシュボードが表示されるので、「スピードくじ」をクリックする
  5. スピードくじについての説明と利用規約へのリンクが表示されるので、内容を確認する
  6. 問題なければ、「スピードくじを作成sルウ」ボタンをクリックする
  7. 「スピードくじの公開先を選択」画面が表示されるので、「facebookで開催」ボタンをクリックする
  8. アプリの確認画面が表示されるので、内容や公開範囲を確認する
  9. 問題がなければ「アプリへ移動」ボタンをクリックする
  10. さらにアプリの許可画面が表示されるので、内容を確認し、問題なければ許可するボタンをクリックする
  11. 「スピードくじの公開先を選択」画面が表示される、。アプリを追加するfacebookページをクリックする
  12. 「公開先を決定し、スピードくじの作成を始める」ボタンをクリックする

◼︎スピードくじを作成する

①スピードくじの作成画面が表示されます。画面に従って、キャンペーン情報を登録する

  • キャンペーン名・・・キャンペーンの名前
  • キャンペーンの説明・・・キャンペーンの説明を400文字いないで入力する
  • 開催期間・・・キャンペーンの応募期間と時間をしていする。キャンペーンの期間は60日以内となる。
  • カテゴリー・・・商品のカテゴリーを選択する
  • 商品画像・・・プレゼントする商品の画像をアップロードする。大きな画像はリサイズされる。アップロードすると、スピードくじの一覧ページで表示するサムネイル画像の位置の調整も行える
  • 商品の説明・・・プレゼントする商品の説明を入力する
  • 当選者数・・・当選者数を登録。ペアチケットの場合などでも発行するチケット枚数ではなく当選者数を登録する
  • 主催者PR・・・スピードくじ画面のトップに表示されるPR文を登録する。テキスト、ウェブサイトのリンク、一部のHTMLタグ、画像などを利用することができる。YouTubeビデオの埋め込み、商品に関するより詳しい説明のページへのリンクやキャンペーン開催についての画像など、応募者が興味を持つような情報を登録できる。
  • 応募にはいいねが必須・・・チェックを入れると、いいねをしたユーザー飲みキャンペーンに応募することができるようになる。チェクを外すと、facebookユーザーであれば、誰でも応募できる。
  • このスピードくじをテストとして作成する・・・チェックを入れると、テストモードとしてキャンペーンを実施する。テストモードはfacebookページの管理者のみ閲覧や応募が可能。当選者の抽選もできる。テストモードで登録したキャンペーンを本番のキャンペーンにしなくても、プレビューモードで登録情報は確認できるので必ずしもテストを実施する必要はない。
  • 問い合わせ先・・・問い合わせ先のメールアドレスを入力する

②続けて主催者情報を登録する

  • 主催者名・・・主催者の名前
  • URL・・・主催者に関連するURL
  • 主催者の概要・・・主催者の基本情報

③登録できたら「くじの情報を下書き保存する」ボタンをクリックする

④スピードくじのダッシュボードが表示される。登録したスピードくじの情報のプレビュー、編集が行える

⑤正しく登録したことを確認できたら、「公開する」ボタンをクリックする

⑥確認画面が表示されるので、内容を確認し、問題なければ「キャンペーンを公開する」ボタンをクリックする

→注意「キャンペーンを公開する」ボタンをクリックした後の制限事項

公開すると、「くじのPR」「主催者情報」以外の編集や削除ができなくなり余す。ニュ力した内容に間違いがないか プレビューでよく確認してください。

また、キャンペーン情報が一般に公開されています。キャンペーンの開催期間前は情報の閲覧のみ可能で、応募はできません。もしキャンペーンの規約に違反していると、公開した後にテストモードに変更される場合があります。

⑦スピードくじお情報が公開される。キャンペーンの分析や応募者確認、抽選、アンケート確認などが行える。facebookページにもスピードくじの情報が登録される。

→ポイント「懸賞と同様の工夫と注意」

開催後、応募者を増やすための工夫やプレゼントの手配といった運用のポイント、個人情報の厳重な管理といった注意地黄は、懸賞の場合と同様です。

◼︎コラム「メールマーケティング×facebook」

●新足続けるメールマーケティング

企業のソーシャルメディアの利用が進む中、少し影が薄くなってきているのが、メルマガなどに代表されるメールマーケティングです。これからはソーシャルメディア!メルマガのように閉じたメディアを使ったマーケティングは流行らない、と思われるかもしれませんが、実はまだまだその効果はソーシャルメディアを上回るという調査データもあります。

メールマーケティングと一口に言っても、歴史が長い文、その手法は時代の流れとともに変化しています。連盟きの一斉配信位始まり。法律によるオプトアウトの規制、ターゲット配信など、取り巻く環境の変化や効率化などにより、さまざまな手法が編み出されてきました。

現在ではメール配信ツールの解析性能の向上により、開封率、クリック率、コンバージョン率などをもとに配信結果を詳細に分析できるようになっています。その結果をもとにタイトルやコンテンツの最適化、さらには配信先の最適化が行われています。

ここ数年はHTMLを使ったメールや個人の嗜好や購入履歴に合わせたおすすめ情報の配信など手法が複雑化していますし、モバイル端末の使用に合わせて表示を最適化する仕組みも用意されています。

しかし、ここ最近はソーシャルメディアの勢いに負けている部分もあり。一部企業では、メールからショーシャルメディアへ予算を移すという動きもあります。しかし。まだメールマーケティングには進化する余地があります。

その一つがソーシャルメディアとの融合です。メールマーケティングをソーシャルメディアと融合させるには3つ方法があります。

●メルマガからfacebookに誘導する

一つ目はメルマガにfacebookのリンクやいいねボックスを設置する手法です。アイコンを作ってfacebookページやツイッターの公式アカウントにリンクするようにメルマガも増えてきました。メルマガの行動者は企業やブランドお店に興味をもって登録している人が多いでしょうから、facebookページをはじめとしたソーシャルメディアでも繋がってくれる可能性は高いでしょう。

●シェアできるメルマガを作る

2つ目はメルマガにいいねボタンやシェアボタンをあるいはツイッターのツイートボタンをつけてメルマガを読んだ人が友達にシェアできるような仕組みを用意することです。

この仕組みはHTMLメールのみ可能です。読者はメルマガのシェアボタンをクリックすると、ソーシャルメディア上でこのメールが公開されているwebサイトのURLを他の人とシェアすることができるようになります。

読者はメルマガを登録していない人とも情報を共有することができますし、共有された人は内容が有用なものであれば、メルマガ読者になってくれるかもしれません、なお、読者にメルマガに登録していることの特別感を出すためには会員限定のお得な情報など非公開の情報も合わせて提供するといった工夫も必要になります。

●facebookページのコンテンツをメルマガに活かす

facebookページで開催しているキャンペーン情報やクーポン情報、facebook特別割引などのコンテンツをメルマガでも紹介しましょう、これにより、メルマガ読者の関心を高めることもできます。国内のメールの利用者とfacebookの利用者では断然メールの利用者の方が多いのが現状ですが、こうした情報発信がきっかけになって、facebookページにアカウント登録する人もいるかもしれません、そのた、facebookページでの投稿のやり取りのエピソードやfacebookページで反応の良かった写真をメルマガにも取り入れるなど、コンテンツ内容を膨らませることができます。

 ◼︎コラム「ブログマーケティング×facebook」

●ブログとfacebookページを組み合わせる手法

主要顧客が企業や組織であるB2Bの製品やサービスを提供している場合、「facebookページを運用するのは難しい」と感じる方が多いようです。理由としては友達同士の会話が主流のfacebookの場合、硬い内容が適さないということが挙げられますしかし、facebookを情報収拾のためのツールとして活用されている方も多くいます。そこでB2B企業におすすめしたいのがブラグとfacebookページを組み合わせる手法です。もちろんブログは時間とコストがかかりますが、facebookページと組み合わせることで、より効果的に活用することができます。ここではブログを組み合わせることによるメリットを紹介していきます。

●専門情報の発信をして信頼を得る

facebookページではユーザーとのコミュニケーションが重視されていますが、ブログは専門的な情報配信に重点を置きます。例えば会計事務所の場合であれば。経理や会計、監査などの考え方、処理方式や法改正の対応方法などをブログで発信すれば、企業の経理担当者や経営者の目に触れます。その情報内容が分かりやすく、業務の参考になれば、その企業に対する信頼度が増して、定期的にその情報にアクセスしてくれるようになります。読者が会計士を探していれば必要になったときにその企業にコンタクトしてくれるかもしれません。読者が同業者や関連する業界の人であれば、ビジネスペートナートして検討するかもしれません。されに信頼性が上がれば、業界紙やサイトなどメディアへの執筆依頼、講演依頼などもあり得ます。そうなれば、認知度、信頼度がともに上がることいなります。結果としてこの会社に頼みたい、パートナーになりたいと考える企業が増えて売り上げの工場の期待できます。

●ブログとfacebookページを連動する

ブログにはいいねボックスを設置しましょう。ブログの記事に興味を持ってくれた人の多くがfacebookページにもいいねしてくれるでしょう。ブログがあれば、最新記事のお知らせをすることができるので、facebookページの投稿にもそれほど悩まなくても良くなります。ューザーは投稿された記事のリンクを見てブログにアクセスしてくれるでしょうし、意見や感想をfacebookページで伝えてくれる場合もあるでしょう。

●ダウンロードコンテううtでリード情報を得る

ブログやfacebookページの中で、ホワイトペーパーや調査レポートなどの特別なコンテンツを無料ダウンロードできる形で用意している企業も多くあります。こうしたコンテンツはブログの記事の品質が高ければ高いほどダウンロードされます。ダウンロードに必要なを登録メールアドレス宛に送るような設計にすれば、ユーザーのリード情報を獲得することができますし、そのときに個別に連絡することの可否を選べるようにしておけば、営業ツールとしても生かすことができます。なお、ここでいいう特別コンテンツは単なる営業資料にとどまらない、専門的な統計データ分析や業界動向レポートなどをよういすることが必要です。

●検索の上位に表示されやすくなる

充実したブログは読者からの評価が高くなり、結果として特別なSEO対策を施さなくても、検索の上位に表示されやすくなります。検索から関連のの情報を調べてる潜在顧客を誘導することができます。

●ブログを始めるときの注意点

ブログの運営を続けるには、時間や人などのコストがかかります。また、長期的に実施するためには大勢作りや社内の協力、理解なども不可欠です。まずはfacebookページを作成するのと同様に次の点を検討します。

・目的の明確化

そもそも何を目的として始めるのか、整理する。その目的をブログがどう実現するのかを考える。目的が「製品の導入企業を現在の2倍にする」なのか、「顧客の導入後の課題を解決する」なのかによって、提供するブログの記事内容やスタイルも変わってくる

・ターゲットの明確化

ブログのターゲット読者は誰なのかを決めよう。どういう業種の人なのか、あるいは職種は経営者なのか、経理の担当者なのか、資材部の担当者なのか、営業なのか、ターゲットによってテーマの選び方、記事の難易度、用語の選び方なども変わる。読者層がブレると、記事のテーマやレベルもぶれやすくなるので、注意しよう。

コンテンツ作成の体制作りが必要

ブログの運用費用、製作費用、記事執筆費用など掛かる。内製化できるところ、アウトソースするt頃を踏まえてコストの見積もりを行う必要が有る。例えば、記事の執筆を社内で行う場合は、誰がどの程度リソースを費やすのかを考え得なければいけないし、次のような人的リソースをどれくらい投入できるのかを考え、チーム体制を作り社内の理解を得ることも必要である。

・効果測定

ブログを始めたら効果測定を行い検証する。ただし、モックて錦衣も夜が、ブログの直接的な効果を測りにくいことや短期的には影響しないことが多いので少なくとも3ヶ月半年以上は続けて効果を検証しよう。